FC2ブログ

CQ DX ムセン傭兵Qの独り言

ムセン大好き。ムセンの為に某国のムセン傭兵になる。趣味も仕事もムセン。ムセン馬鹿、WHY not?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雨の日の思わぬ出来事。ハイパワーは怖いですね。

80mのアフリカ方面は6時台では信号が下がり、
5時台以前にしか、真面な信号が聞こえてこない。

マラウイからQRVの7Q7EIを本日早朝6時45分ごろ聞いたが、
超ショボヨワでパイルになっていたが、
真面に聞こえた局は何局いたか、ヒタスラ呼ぶ局が多かった。

当局は30mCWを夜中にGETしたが、ショボヨワだった。
7Q7EIもJAの信号が弱いらしく、なかなかコールサインを
一発で拾ってくれない様だった。

4、5日前、雨の日に80m1KWで電波を発射したら
行き成り、SWRが少々悪化した。。HI。

CV-48のローデングコイルが行っちゃった様だが、
チューナーを再調すると問題なくパワーが出てくれる。

後日、アンテナ系を調べたら、何と周波数切り替え用リレーの
電源ケーブルに挿入していたトロイダルコアのプラス側の
ケーブルが放電し、アンテナ保持パイプに接触していた。

DSC01713.jpg


DSC01715.jpg

赤線の被覆が解けてパイプに接触していました。
黒く放電痕が凄いですね。
13.8Vのプラスなのですが、保持パイプの接地抵抗が高く
ショートはしませんでした。

雨で水滴により、耐圧が低下したのでしょう。

しかしなんでここなんでしょうね??

コアーに巻き付いている部分は、
確かにハイインピーダンスになのですが、
放電するほどのハイボルテージなったんですね。
この赤黒の電源ケーブルは20mぐらいの長さですから、
電圧の腹がコアの切り離し部分に発生した様です。

アンテナ周波数切り替え用の電源ケーブルを繋ぐ
アンテナシステムも多数あるので、
ここら辺も気負付けてケーブル処理をしないと
ひどい目にあいそうですね。

タワーに登っての修理は。。。泣きそう。。。




他のアマチュア無線のブロブの入口です。
にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
TNX,TKS,FB DX

多数の国の海外生活のブロブがあります。
交信した国に興味が沸いたらこちら。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
クリック感謝.
スポンサーサイト


  1. 2018/03/28(水) 18:46:17|
  2. アンテナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<7か月ぶりの韓国訪問。今月は半島の戦争はなさそうなので?? | ホーム | やっぱり LOWバンドは早起きが必要だ??>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umtsupup.blog27.fc2.com/tb.php/862-f6e2e624
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。